シリーズ『23秒の軌跡』




ここに1本の映像があります。
時間にして23秒。
油断するとあっという間に消えてしまう泡のような時間。

★★★★★★★★★★★★

2007年5月20日 中山峠スキー場(北海道)
もうすぐゲレンデから消えてしまう僅かな雪を求めて
全道から集まってきたスノーボーダー。(もちろんスキーヤーもいました)
その中に偶然居合わせた5人・・・・

とことん楽しむ者
一つ一つ丁寧に完走を目指す者
新たな技術を模索する者

それぞれが、それぞれの想い、それぞれの滑りで
コブに挑戦し続けたのです。

その時、たまたま仲間の一人が持っていたカメラで撮影したのが、この映像。

後にYouTubeへ投稿され、1万数千回を超える視聴回数を
今なお増やし続けている…たったの23秒
この映像が『凸凹戦隊 コブレンジャー』誕生の大きなきっかけになったのです。

★★★★★★★★★★★★

この時、何を想い 何を感じていたのか
この映像に登場してくるライダー達に当時を振り返って語ってもらいました。
題して、シリーズ『23秒の軌跡』

★★★★★★★★★★★★

その第1段は、先頭から4番目の『まじー』です。



ポイントは…
常に身体を動かし続けること。
コブの中でも(なるべく)板をずらさずにカーブさせること。
この二つを意識しました。
一つ一つのコブが大きくて、ピッチも短かったので、
とにかくリズムが大事だなと思いました。
最後「滑りきったー!」と思いガッツポーズをしました・・・が
その先にまだコブが・・・\(◎o◎)/あっ!
動画をもう一度よーく見てください。
危うく、吹っ飛ぶところでした。f^_^;