シリーズ『23秒の軌跡』2nd



水色のジャケットを着てすべっているのがハナです。(2番目)
あの時は・・・・、
ひたすら下へ 落ちまくれ!!ってかんじでコブを滑り降りて来ました。(笑)
目の前のコース…、
かなり手強い。。。
まさに自分との戦いだわ!
最後まで滑りきって、戦いを征した時…
どSにも…、
どMにも…、
最高のヒトトキが待ってるわ☆















本人の強い希望により、ここからはTV番組『情熱大陸』のテーマ曲にのせてお読みください。
♪♪♪
ハナコ…(本名)高松華子
この時、男性メンバーに交じって滑った唯一の女性。
おうし座の24才(自称)
函館弁を口にする小柄で可愛らしい、どこにでも居そうなタイプの女性である。
そんな彼女がこの翌年、
SAJ北海道スノーボード技術選手権3位で表彰台へ上がり、
JSBA全日本テクニカル選手権では5位入賞の大躍進を遂げる。
元気な声と明るい笑顔がトレードマークの彼女だが、
実は繊細で、少し臆病な一面もあるようだ。
こんなエピソードを紹介しよう。
彼女には、かつて競技中に知らされる点数と順位にナーバスになり、
自分の滑りを見失ったまま実力を出し切れず、
不本意な結果に終ってしまった苦い経験がある。
それ以来、競技中は点数には一切目を向けることは無く、
いつも仲間と笑いながら甘いおやつを食べて出番を待っている。
どうやら、体重と体脂肪にも一切目を向けないつもりらしい…
そんなハナが、最近、札幌で独り暮らしを始めた。
「美味しいスイーツが沢山あるから」と引越しの理由を教えてくれた。

ねぇー、ハナコ
ダイエットはスイーツみたいに甘くはないんだよ。
(これは事実っぽいフィクションです)




我々のフォーメーションを見ていたスキーヤーが「一緒に…」と言ってくれて偶然にできたものです。(2007中山峠ラストラン)